NEWS

「特別な夜になりました!素敵な夏を過ごしてください!」ジェリー・ブラッカイマーと共に登場し、RC(レッドカーペット)に集結した400名のファン一人一人に語り掛ける前代未聞のファンサービス!横浜の夜空に、トムからの贈り物・150発の花火で胸熱フィナーレ!

遂に待望の来日を果たした、主演のトム・クルーズとプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが公開を待ちわびる大勢の観客の熱気と拍手に包まれながら、満を持してレッドカーペットに登場!!『トップガン マーヴェリック』ワールドプロモーションツアーの最終地点・日本で、150発の花火と共に盛大なフィナーレを華々しく飾りました!

つい昨日、100以上のメディアに迎えられた、熱気に包まれた記者会見場から一日。
サンディエゴを皮切りに、メキシコ、カンヌ、ロンドンと、本作のプロモーションの為に世界各国を飛び回ったトム・クルーズ。そんな彼が最後にプロモーションのため訪れた最後の地は、日本・横浜!トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマーと、正にベスト・オブ・ザ・ベストの面々の来日を祝福するかのような晴れやかな空の下、横浜・大さん橋で執り行われたジャパンプレミア・レッドカーペットセレモニーには、全長93メートルにも及ぶド派手なレッドカーペットが設けられ、来日と本作の公開をを待ちわびる400名もの招待客、そして数多のメディアが集結しました。久々の超大型来日イベントとあって、開始前から会場が徐々に熱気と興奮に包まれていく中、まず初めに登場したのはトム・クルーズ!登場したその瞬間、場内は歓喜の拍手に包まれ、会場のボルテージはMAXに!


コロナ対策の為、サインができないといった制約があったものの、日本のファンを大事にするトム・クルーズらしく、グリーティングエリアに集まった招待客一人一人にしっかりと写真撮影対応でファンサービスを行い、その時間は1時間を超すほどに!本来の予定時間を大幅に超えてしっかりと行った交流はファンを大いに喜ばせ、トムと会話を交わす方々の中には思わず涙を流す方の姿も…!多くの観客がトムの“神対応”に胸熱極まる様子をうかがわせました。



そんな中、続いて登場したのはジェリー・ブラッカイマー。伝説のプロデューサーの登場に、再び会場は大盛り上がり!レッドカーペットに招待客と同様にズラリと並んだメディア陣による二人へのインタビューで「数年ぶりの来日でファンと対面した感想は?」という問いに対し、トムは「私の方が興奮しています!ほんとにうれしく思いながら、特別な夜になりました!一生懸命この映画を作ったので。本物のジェット機も登場していますし、自分の飛行機も登場しています。みんなに笑顔をもたらすことができればと思って作りました。素敵な夏を過ごしてもらいたいと思います。」と述べ、ジェリーは「エキサイティングでした。とにかく早く観ていただきたい。大きなスクリーンで見て頂きたいです。」と熱く語りました。


晴天の下行われたレッドカーペットから一転して、夕暮れで横浜の街が夜景へと変貌していく中、プレミア会場も華やかにライトアップされ、最後には特設ステージへ登った2人。壇上に上がったトムは、改めて今回のイベントに来場した大勢のファンへ向けて「本日はお越しいただき、ありがとうございます!」と感謝の言葉を述べ、ジェリーは「日本にはもっと早く戻りたかったのですが、この最高の作品、最高のムービースターと戻ってこられて本当に嬉しく思っています!」と久々の日本へのカムバックに大興奮の様子。

また、今日この場に来ることができなかった方に対してもトムは「この作品は皆さんの為に作った作品です。是非、皆さんにはこの映画を楽しんでいただいて素敵な夏を過ごしていただきたいと思います。そして本日ここに来ることができなかった皆さん、心配なさらないでください。来年の夏、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(原題)』で必ず戻ってきますし、また翌年も戻ってきます!」とサプライズ発言!会場を大いに沸かせました。華々しいイベントの締めくくりには、トムからの、日本へのプレゼントとして、なんと花火が打ち上げられることとなり、150発もの打ち上げ花火が二人のバックで盛大に打ち上げられ、最後の最後まで大盛り上がり!いよいよ本作の公開に向けたクライマックスの到来をまじまじと感じさせるビッグイベントとなり、胸熱極まるジャパンプレミアイベントは幕を閉じました。

 

 

2022年、”ベスト・オブ・ザ・ベスト”の最大注目作である本作の日本公開を目前に控え、主演のトム・クルーズとプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが来日!!

約4年ぶりの来日となったトム・クルーズは、胸いっぱいで満面の笑みを浮かべながら「何年も日本に来られていませんでしたが、この作品と共に来ることができて感動しています。ストーリーへの愛、映画への愛を込めた、必ず皆さんを楽しませる作品です!」と力を込め語りました!


本作のワールドプロモーションツアーのフィナーレを華々しく飾る、日本での来日イベントがついに開幕!コロナ禍で長らく開催されていなかったハリウッドスターの来日会見を、ハリウッドの”ベスト・オブ・ザ・ベスト”であるトム・クルーズと伝説的プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが再び口火を切る、いわば日本エンタメ界にとっての歴史の転換点となるこの会見には100以上のメディアが大集結!!壮大なメロディの「TOPGUN ANTHEM」が響き渡るなか、トム・クルーズとジェリー・ブラッカイマーの2人が姿を現すと会場は最高潮の盛り上がりで大歓迎!深い礼と固い握手を見せた2人は、日本のファンへの想いをじっくりと語りました!


▼トム・クルーズ
皆さんこんにちは。ジェリーと私は前作を作ってから36年が経ち、この作品をお届けするのに(コロナ禍で)2年待つことになりました。何年も日本に来られていませんでしたが、また必ず日本に行くからね!とずっと言ってきたので、この作品と共にまたこうして来ることができて感動していますし、皆さんに観ていただけるのでとても興奮しています。大きなスクリーンで楽しんでもらうためにこの作品を作りました。何故作ったのか、それはファンの皆さんのためです。多くの方々から何十年もこの作品の続編を求めてもらいましたが、まだ私には準備ができていなかったんです。刺激的な時間も多く、やりたいこともたくさんあって、正しい続編とは何なのかをきちんと見つけなくてはいけなかった。戦闘機のコックピットに座っているような体験と、エモーショナルなストーリー、そのすべてが正しく揃ったから作ることができました。
映画に対する情熱がさらに高まっているジェリー・ブラッカイマーという、伝説的なプロデューサーと一緒に、ストーリーへの愛、映画への愛を込めて、最先端の技術も駆使しながらキャラクターが中心にある作品をお届けしようと思っていました。単に1本の映画を作ったのではなく、自分の限界をもっと超えるチャレンジをして、もっと観客の皆さんに楽しんでもらいたい想いで作りました。”生きること”を讃えるような映画になりましたし、皆さんが最初の『トップガン』をご覧になって胸を熱くしていただいたときのように、必ず皆さんを楽しませる作品です!

▼ジェリー・ブラッカイマー
皆さん本当にありがとう。いつも日本に来るのは光栄なことですし、この作品を携えて、一番のビッグスターであるトムと一緒に来日できてとても嬉しいです。トム・クルーズと仕事をするのは”本物”でなくてはいけないんです。今回トムは3か月間に及ぶ飛行トレーニングプログラムを監修して、ほかの俳優たちと取り組んだ。彼らは7~8Gに耐えなくてはいけないので、耐性をつけるために段階を上げていった。1作目の時もトムや他の俳優たちを戦闘機に乗せたけど、使える映像だったのはトムだけ、ほかの皆は吐いて失神したんです(笑)。実際のパイロットと同じく、曲芸のような飛行をすべてリアルに体験しているんですよ。トムはこの36年の間に、映画界でも最高峰の監督や脚本家、俳優たちと仕事をしてきたので、彼の様々な経験と知識がすべて発揮されているのが『トップガン マーヴェリック』なんです。

2人のあふれる想いは止まることなく、次から次へと心を動かすコメントが発されるなか、会場に集まった記者からの質問にも、真剣なまなざしで快く答えていく。戦闘機のコックピットの中に日本製の超高性能IMAXカメラを6台搭載したという前代未聞の撮影について問われると…!
トムから「前作でも、トニー・スコット監督が開発した5分ほどの映像が機内で撮影できる当時最新鋭のカメラがあったんです。自分で飛行機を操縦するときにも、どんな撮影ができるんだろうと10年以上も考えてきました。空撮の仕組みや、技術の進歩もあって、『バリー・シール/アメリカをはめた男』ではカメラを機体につけた撮影をしたり、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ではヘリコプターにぶら下がる空撮スタントもやったり、日々研究してきました。『トップガン』の続編では、いままで誰もやったことが無いことをやらなくていけないですし、海軍にもこういった撮影の話を相談しにいったときには、一番重要なストーリーがあって、そのために視覚的に伝える必要があると説明したんです。撮影をして、撮影をして、また再撮影をして。そして私が映像をなかなか渡さないので、スタジオもなぜそんなにも何度も撮影が必要なのか理解してくれないんです、何をしているのか見えていなかったと思います。なので、短くまとめた映像を大スクリーンでスタジオの方に観ていただいたら、すぐに『オーマイガー、オーケー。進めてくれ』と言ってもらえた(笑)。複雑なんですが、いろいろな工夫を皆で取り組みました。長くなってすみません、何時間でも延々と語ってしまいます(笑)。」と止めどなく繰り出される撮影秘話に圧倒される会場。


ジェリーも続けて「一見すると楽勝にも見える映像になっているかもしれないんですが、全くそうではないんです。トムのように、素晴らしい経験があり、本物を追求する人間だからこそできることで、彼は朝早くから飛んでブリーフィングを行うんです。万が一事故に繋がってはいけないのでクリアしないといけないことも多く、SONYがこの作品のために開発した6台のIMAXカメラを狭いコックピットのなかに積み、俳優たちはコックピットの中で自分で撮影をするので、飛んでいる間はどんな映像なのか観られない。下りてきてチェックして、ディスカッションをして、そしてまた飛んで再撮影(笑)。地上、コックピットの中や外、別の飛行機からもカメラを向けて、同時に22台のカメラで撮影しているときもあった。非常に複雑で難しいことをやってくれました。多くの方は一度も行くことのない世界を体験できますよ。そして、それもほんの一部です」と伝説的なキャリアを誇るジェリーをしても未だかつてないプロセスを経ての撮影だったことを明かした。


さらにこの36年間のことを振り返る質問には、トムは「シンプルですが、とにかく努力をすること、一生懸命に仕事をすること。夢を生きることができている幸せな人間なのです。世界中を旅して、異なる土地でその文化を体験できる映画を作ってきました。『ラストサムライ』という素晴らしい作品もつくることができました。自分の人生は常に映画と共にあると思っていて、フィルムメイカーとして有能でありたいですね。この作品は前作と同じスピリットを感じていただきたかったので、1作目を皆でみていろんなことを話し合いました。常に観客の皆さんにどう楽しんでもらえるかを意識してきました。」と目を輝かせ、ジェリーも「とにかく我々2人はこの仕事が大好きでやっている。常に、より良くしたい、最高のものにしないと気が済まないんですよ」と続けると、トムも「簡単な決断ではなかったんです、ずっと続編を求めてもらえて失望させたくなかった。このような時代だからこそなおさらですし、映画館で観る時には、(身を乗り出して)こうやって観て欲しいです!(笑)」


予定時間をオーバーしてもなお、まだまだ話し足りない、聞き足りないことばかり。トムとジェリーは最後に写真撮影のために立ち上がったものの、カメラに手を振ることを忘れステージ上でしばらく2人きりで話し込んでしまい、呼びかけに気づいたトムが「あ・・・!ソーリー、失礼しました(笑)」とおどけて会場を沸かせる一幕もあり最後の最後まで大盛り上がり!いよいよ本作の公開に向けたクライマックスの到来をまじまじと感じさせるビッグイベントとなりました!

本作のプロモーションツアーで連日世界中を沸かせ、カンヌ国際映画祭2022での特別上映に際し、約30年ぶりに同映画祭に登場を果たし”名誉パルム・ドール”が贈られたことも大きな話題となったトム・クルーズが、日本時間5月20日(金)にロンドンプレミアに登場!


快晴のロンドン市街の中心地に、【キャプテン・ピート・ミッチェル “マーヴェリック”】の文字があしらわれたド派手な戦闘機が出現し、『トップガン』のトレードマークであるサングラスやMA-1ジャケットを身にまとったファンたちの熱気に包まれる豪華絢爛の会場。集結した報道陣の取材に笑顔で答え、華やかにイベントが進むと、なんと英国を代表する”ベスト・オブ・ザ・ベスト”なスペシャルゲストとして、英王室よりウィリアム王子&キャサリン妃が来場!

レッドカーペット上でお出迎えしたトム・クルーズが、ローラン・ムレ(ROLAND MOURET)のオフショルダーのドレスで登場したキャサリン妃の手をとってエスコートし、ウィリアム王子は、イギリス空軍の航空救急隊パイロットを務めた経歴の持ち主とあって、広大な空の美しさと過酷さ、そこに生きる人々のドラマを描く本作への特別な思い入れをにじませた。ハリウッド随一のプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーと談笑したり、オスカー女優のジェニファー・コネリーやマイルズ・テラーらのキャスト&スタッフ陣も、少々緊張の面持ちも見せつつ笑顔でお二人と言葉を交わすなど、厳かながらとても晴れやかな雰囲気に包まれた。トム・クルーズは「ロンドンのこの場所でプレミアを行うのは本当に久しぶりなので、とても興奮しています!イギリスではたくさんの映画を撮影してきました。今回、このキャストたちとロイヤルプレミアを開催でき、ウィリアム王子とキャサリン妃にも参加いただけてとても嬉しいです。王子は飛行士ということで私と同じ(笑)ですしね!」とコメントした。


このプレミアイベントに続き、ついに来週24日(火)には、トム・クルーズは約4年ぶりの来日を果たし、待ちに待ったジャパンプレミア開催!本作のワールドプロモーションツアーの大トリとなる日本の地で、どれほどの”胸熱”なフィナーレを飾ってくれるのか!?いよいよ目の離せない『トップガン マーヴェリック』の盛り上がりにぜひご注目下さい!

 

5月24日(火)実施の映画『トップガン マーヴェリック』【トム・クルーズ来日!ジャパンプレミア レッドカーペットイベント】の生配信を記念して、Twitterキャンペーンを開催!

トムへのメッセージや生配信番組の感想や実況、作品への期待など…なんでもOK!
生配信を見ながら、久々のトム・クルーズ来日と「トップガン マーヴェリック」の公開をTwitterで一緒に祝いましょう!

投稿された方の中から抽選で映画『トップガン マーヴェリック』ムビチケ(ペア)や、ここでしか手に入らない非売品アイテムプレゼント!

【応募方法】
① Twitter作品公式アカウントをフォロー
Twitterアカウント(https://twitter.com/TopGunMovie_jp
#トップガン胸熱  と  #トム来日 2つのハッシュタグをつけて、イベントの感想や登壇者へのコメントなどをツイートください。

【キャンペーン期間】
2022年5月24日(火)16:30~23:59まで

 

【プレゼント商品】当選人数など詳しくは生中継SP特番をチェック!(視聴ページはコチラ

◆ムビチケペア(2枚)

◆非売品アイテム ※種類は選べません

 

【注意事項】
・本キャンペーンはTwitterからご応募いただけます。
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・応募は何度でも可能です。ただし、当選はお1人様1回となります。
・プレゼントの応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。
・個人情報が特定されるような投稿にならないようご注意ください。尚、投稿内容に関して何らかの責任問題が発生した場合は、投稿者が一切の責任を負うこととします。
・通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
・インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
・20歳未満の方は保護者の同意を得てからご応募ください。13歳未満の方はご自身ではご応募いただけません。保護者にご応募いただいてください。
・本キャンペーンのために投稿された内容は、『トップガン マーヴェリック』プロモーションのために使用する場合がございます。公式サイト、公式SNSおよび告知媒体(雑誌・新聞・TV・WEBサイト)にも 掲載される可能性があります。使用に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。あらかじめご了承ください。また、使用方法やデザインに関しては、当社および当社委託先に一任するものとさせていただきます。
・当該使用と本キャンペーンにおける選考は関係ありません。予めご了承ください。
・対象投稿の内容については、第三者のプライバシーや肖像に対する権利、著作権、その他の権利を侵害するもの、第三者への誹謗中傷、その他法令もしくは公序良俗に反するものが一切含まれていないものとします。
・応募内容に不備があった場合は、抽選の対象外となります。

【当選発表について】
・厳正な抽選の上、ダイレクトメッセージでの連絡をもって当選のご連絡と代えさせていただきます。ダイレクトメッセージを受け取れるように設定してください。
・ご応募状況や当選結果のお問い合わせには、お答えいたしかねますのでご了承ください。
・当選権利は当選者本人に限り、他人への譲渡や現金への引き換えは禁止とさせていただきます。
・ご当選者の方には、当選者のお名前、ご住所、お電話番号をご入力いただく当選者用フォームをご案内いたします。フォーム入力の期限日までにご入力が確認されない場合、当選が無効となります。
・住所・電話番号不明、不通により、当選者と連絡がとれない場合は、当選の権利が無効となります。
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

【個人情報の取り扱い】
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、東和ピクチャーズ株式会社より委託を受けた株式会社ガイエが管理させていただきます。本キャンペーンの賞品発送以外の目的では使用いたしません。
・お客様の個人情報を、お客様の同意なしに、業務委託先外の第三者に開示・提示することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
・その他の個人情報の取扱いにつきましては株式会社ガイエのプライバシーポリシー(https://gaie.jp/privacy/)をご参照ください。

【免責事項】
・選考方法、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問、お問い合わせは受け付けていません。
・本キャンペーンはTwitter社とは関係ございません。
・キャンペーン運営の中断、または中止により生じるいかなる損害についても、弊社が責任を負うものではありません。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合があります。

 

日本が誇るベスト・オブ・ザ・ベストの吹替声優陣を代表し、マーヴェリック役・森川智之さん、ルースター役・宮野真守さん、演出・依田孝利さんが登壇!心震わす圧倒的な映像の連続に、トップガンへの想いがあふれ出る”胸熱”イベントを実施!

いよいよ公開を目前に控え、そして遂に来週にはトム・クルーズの来日も迫る中、日本での盛り上がりが最高潮を迎えつつある本作。本イベントでは満を持して、マーヴェリック役の森川智之さん、マーヴェリックのかつての相棒にして今は亡き盟友・グースの息子、ルースター役・宮野真守さん、そして本作の日本語吹替版演出を担当した依田孝利さんが登壇。映画の魅力を余すことなく語るために、早速、レディー・ガガ渾身の書き下ろし主題歌「Hold My Hand」が挿入された胸熱な予告映像が流されることに。それを観た宮野さんは開口一番「やばい、泣くね、もう!36年前の作品に自分がまさか携わることになるとは思わなかったです」と感嘆の様子。宮野さんは続けて「前作にもあった男同士の友情などがしっかり本作にも受け継がれているし、因縁めいたマーヴェリックとルースターの関係がありますよね。その関係がどうなっていくか見どころの一つです」と語った。

また、依田さんは今回、『トップガン』という伝説的タイトルの演出を担当したことについて「前作を観てMA-1を着て、『ハスラー2』でビリヤード場へ行った世代だから光栄でした。重圧もありましたが、お二人が見事に演じきってくれました。」と語り、森川さんと宮野さんの熱演を称えた。そして森川さんは、声優デビューを飾ったちょうどその頃に『トップガン』を観たと明かすようにまさしくトップガン世代で、「当時映画を観て、本当にトムかっこいいなと映画館をでて感じた記憶があります。トムになりたくて当時MA-1もどきに、レイバンもどきのサングラスをして、でもkawasakiのバイクはもっていなかったので、自分の自転車で国道を走っていました(笑)。それが36年経って、遂に願いが叶いました!夢は叶うんですね」と感慨深い様子をみせた。


次に流されたのは、まさかの“日本語吹替版のメイキング”映像。監督のジョセフ・コシンスキーに諏訪部順一さん、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーに大塚芳忠さんという大御所声優を起用した贅沢なメイキング映像に、「めちゃくちゃ面白いな、このメイキング映像!監督とプロデューサーが話しているだけで映画に見える!」と宮野さんがその豪華さに思わず笑う中、森川さんが「僕ら、映画の吹替はするけど、メイキング映像の吹替って初めてでしたね。どこにお金使ってんだろうねって(笑)」と、本編ではない部分にもベスト・オブ・ザ・ベストの陣容を揃える凝った演出に驚いていた様子。依田さんは、大塚芳忠さんと諏訪部順一さんにオファーをした経緯についてきかれると「頼んでみたら、やってくださることになって(笑)、重厚感のある映像になりました。諏訪部さんからは本編じゃねーのかよ!とクレームも言われたり…(笑)」と意外な事実を明かし、会場の笑いを誘った。森川さんは「もう最初から感動…!映画始まったら涙でました。アイスマンがでてくるとこととか、ハンカチではなくタオルが必要ですよ!」と鑑賞に際し、初っ端から感極まったようで、宮野さんも「最初の音を聞いた時に熱くなると思います。愛がつまっていて、ハンカチどころかバスタオルがいります!」と熱弁しつつ「男の友情が熱いので男が観て、滾る感じが今回もあります!」と続けて熱く語った。また、森川さんは「ヒューマンドラマが素晴らしく、クリストファー・マッカリーの脚本が非の打ちどころがない。どのシーンを切り取っても絵になる!」と本作のドラマチックな部分に関しても太鼓判をおした。


さらに勢い止まらず、解禁したてほやほや、森川さんが航空自衛隊・百里基地の全面協力のもと撮影した、ベスト・オブ・ザ・ベスト声優の発表映像を上映。解禁時、ネット上でも大きな話題を呼んだ、過去に類を見ないあまりに壮大な映像に、思わず宮野さんが爆笑する一面も。森川さんは照れくさそうな表情も見せはにかみながら「この映像の後、戦闘機で新宿まで帰りました(笑)」とジョークを飛ばしつつ、「長いことやっていますが、こういった形で発表するのは初めてでした。」と今までにない貴重な経験だったと語った。映像での森川さんの凛々しい様子に宮野さんも「僕もコックピットに乗りたい!」と大興奮の様子。また、今回の正にベスト・オブ・ザ・ベストな吹替声優陣のチョイスは依田さんによるものとのことで、そのチョイスに関し「自分の思うように自由に考えた」と述べ、それを受けて森川さんは「本当に、吹替でも十分楽しめるようになっています!」とアピールした。

最後に本邦初公開の吹替版予告編を大公開!壮大かつ胸熱な出来に会場も大盛り上がりの様子で、宮野さんが「ハングマン役の中村悠一、喋り過ぎだけどな…!」とツッコミつつも予告だけでも本編の凄さを感じられる、と一同感嘆の様子だった。森川さんは「この予告をみて胸熱になってもらって、公開日をむかえたいですね。」と述べ、大幅に期待値を上げるような吹替予告であることをアピール。また、吹替の収録現場に関して、依田さんは映画本編でのシーンにもなぞらえ「ミス1回につき、腕立て伏せ1回」という過酷(?)なメニューを取り入れたというエピソードを明かし、森川さんは「僕はノーミスだった!」と述べたが、宮野さんは「僕は腕立てしましたよ。パンプアップして帰りました。」と、ハリウッドの撮影現場にも劣らないハードな収録を課して取り組んだことを窺わせた。また、演じていて胸熱だった点に話が及ぶと、宮野さんは「マーヴェリックに思いをぶつけるシーンが多く、風貌はいかついんですがあまり低い声を意識しないように、ナチュラルな声で表現したかった」と役作りを明かした。森川さんは、「自分の歳の重ね方と並行してマーヴェリックのお芝居に活かせたらな、と思い臨んだ。それに僕も『トップガン』、トムのファンだから、皆が受け入れて楽しんでもらえるようにしないとなという気持ちが強かったです。」と述べた。
最後に、締めくくりの言葉が3人からおくられ、初めに依田さんは「前作に触れてない若い方にも文句なく勧めできますし、トップガン世代の方はマーヴェリックと同じ時間を生きてきたんだと感じていただけると思いますので是非、みて頂きたいと思います!」と述べ、宮野さんは「若者代表として話していいかわからないですけど、今回、若手のトップガンたちにもフィーチャーされる部分が多く、若者にとって希望のある映画になっていると思います!そこに注目していただきたいです。夢は叶います!」と熱弁。最後に森川さんは「長い年月をかけて、トムが温めてきた本作、ベスト・オブ・ザ・ベストの吹替版で是非みていただきたいです。吹替版では細かな部分がみられると思いますので、公開日、私と一緒に感動しましょう!胸熱です!」と締めくくり、イベントは終了!

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11