ハリウッド映画が、そしてハリウッド 映画を上映する世界中の映画館が、 未曾有の危機に陥った2020年。公開延 期が告げられた数多くの映画のなかに そのタイトルを見つけて、思わず天を 仰いだ映画ファンも多かっただろう。
『トップガン マーヴェリック』。かつて 日本中を熱狂させて、若かりし日の トム・クルーズをトップスターへと押し 上げた、ハリウッド映画ならではの 興奮が最も高い純度で詰まったあの 歴史的ヒット作の35年ぶりの新作だ。 タイトルの「マーヴェリック」は、 トム・クルーズ演じる主人公ピート・ ミッチェルのコールサイン(戦闘機パ イロットが無線で呼ばれる名前)。 つまり、あれから35年を経ていまなお トップスターであり続けているトム・クルーズが、現役のトップパイロットとしても本作で大復活を遂げるのだ。他のアクターだったら「あり得ない」と笑われそうなそんな展開も、「あのトム・クルーズならば」と思わせてしまう。誰よりも映画に愛され、そして誰よりも映画を愛する男の奇跡を、2021年、我々は遂にスクリーンで目撃することになる。2020年3月以降、アメリカの主要都市にある映画館の休業が続いていることで、多くのハリウッド映画は行き場を失ってしまった。当然、その影響は日本にも及んでいて、我々が通っていた映画館では、その多様なラインナップの中心にあったはずの「ハリウッド映画」という大きなピースのほとんどが欠けた状態となってしまった。
巨大なスクリーンを前に、最高の 音響装置に360度囲まれて、そこで 起こっている「信じられないような 映像」に圧倒されるという体験。あの 体験を久々に思い出して、再び取り戻す のに、『トップガン マーヴェリック』 ほど相応しい作品はないだろう。35 年前の『トップガン』をきっかけに 映画の楽しさに目覚めた世代も、スーパー ヒーロー映画を追っかけている若い世代 も、誰もが夢中になれる"本物"の映像 体験。実在するスーパーヒーロー、 トム・クルーズが映画界を救う!

宇野維正

» 映画・音楽ジャーナリスト

雑誌、Webで批評やコラムを執筆。著書に「1998年の宇多田ヒカル」(新潮社)、「くるりのこと」(新潮社)、「小沢健二の帰還」(岩波書店)、「日本代表とMr.Children」(ソル・メディア)、「2010s」(新潮社)がある。

  • 新予告
  • 特報
  • メイキング映像|飛行シーン裏側