NEWS

ここまで令和以降の実写映画の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け令和(2019年5月~以降)に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の『トップガン マーヴェリック』。

公開から17週目の週末に、前週比131.8%という異次元の記録を達成。

公開116日目 9月19日(月)までで、【動員:7,901,184人 興収:12,631,902,410円】を記録し累計、累計興行収入126億円を突破しました!

全米歴代興行収入ランキングでは、歴代TOP5入り、また、興行通信社調べの日本歴代興収ランキングでも、24位へランクアップを記録。
さらなる高みに向け、日本、そして世界で加速を続けています!!(※興行通信社、BOX OFFICE MOJO調べ。)

公開から17週間を経過してもなお、各メディアでも盛んに「追いトップガン」なる言葉が取り上げられるなど、”トップガン現象”の勢いはとどまることを知らず。

9月16日からは、公開当初からの映画ファンの熱望に応える形で、前作『トップガン』4Kニューマスター版、『トップガン マーヴェリック』の連続上映がスタート。

週末の興行収入は、131.8%という異次元の軌道を描き、奇跡の”胸熱“現象はさらに加速しています。『トップガン マーヴェリック』のまだまだ目の離せない展開にご注目ください!

★新旧『トップガン』連続上映 上映劇場はこちら


【『トップガン マーヴェリック』 興行成績】  全国374館 778スクリーン  ※興行通信社調べ ※連続上映含む

★土日2日間<9月17日~18日> 動員:60,122人 興収:134,908,760円(前週比:131.8%)
★116日間累計<5月27日(金)~9月19日(月)>動員:7,901,184人 興収:12,631,902,410円

公開から16週間、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け、令和(2019年5月~以降)に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作は公開100日目の9月3日(土)に、累計興行収入120億円を突破!!さらにこの度、1作目『トップガン』4Kニューマスター版、『トップガン マーヴェリック』の、“胸熱”必須の2作連続上映を記念し、空母からの離陸シーンに着目した特別映像が到着!!!

日本と同様に『トップガン』フィーバーの続くアメリカでも、じわじわと再び順位を上げ、公開から15週目の週末の全米興行収入ランキングで異例の首位返り咲き!全米歴代興行収入ランキングのTOP5入りを果たしました。また日本でも、9月11日(日)までの最新の累計興行収入が123.4億円を突破し、興行通信社調べの日本歴代興収ランキングでも、25位へアップ。さらなる高みに向け、日本、そして世界で加速を続けています!! http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/(※興行通信社、BOX OFFICE MOJO調べ。)

公開から16週間を経過してもなお、各メディアでも盛んに「追いトップガン」なる言葉が取り上げられるなど、”トップガン現象”の勢いはとどまることを知らず。さらに、公開当初からの映画ファンの熱望に応える形で、9/16(金)より全国の劇場にて、『トップガン』4Kニューマスター版、『トップガン マーヴェリック』の2作連続上映が決定!2作連続上映を記念し、この度、本編シーンの撮影秘話が明かされる重要なメイキング映像が到着!

今回到着したメイキング映像で明かされたのは “空母から飛び立つシーン”について。空母からの離陸は本来、海軍飛行士にしか許されていないが、海軍の協力のもと前作では果たせなかった離陸シーンを、トムが実際に搭乗した状態で撮影することに成功した。映像では、トムが海軍に貢献したことを称えられ35番目の名誉海軍飛行士の称号を授与されたことや、緊迫感溢れる当時の撮影の様子が収められている。飛行シーンに関わるキャストは実際に搭乗していることのみならず、本来は不可能である離陸シーンの撮影に成功した、まさに細部まで拘り抜いた至極の作品であることが、改めて今回の映像で明らかにされた。

なお、なお、各劇場でチケット予約が続々と始まっている『トップガン』x『トップガン マーヴェリック』連続上映の詳細な劇場情報は特設ページ(https://topgunmovie.jp/theater/)より、ご確認ください。『トップガン マーヴェリック』のまだまだ目の離せない展開に期待にご注目ください!

公開から15週間、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作が公開100日目の9月3日(土)に、累計興行収入120億円を突破しました!!累計では、公開101日目・9月4日までで【動員:7,619,659人 興収:12,097,224,690円】を記録!!

日本と同様に『トップガン』フィーバーの続くアメリカでも、じわじわと再び順位を上げ、公開から15週経った、週末の全米の興行収入ランキングで異例の2位にランクイン。全米歴代興行収入ランキングの歴代TOP5入りまで僅差に迫っています。また、興行通信社調べの日本歴代興収ランキングでも、26位へアップ!さらなる高みに向け、日本、そして世界で加速を続けています!!
http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/(※興行通信社、BOX OFFICE MOJO調べ。)

公開から15週間を経過してもなお、各メディアでも盛んに「追いトップガン」なる言葉が取り上げられるなど、”トップガン現象”の勢いはとどまることを知らず。先週には公開当初からの、映画ファンの熱望に応える形で、『トップガン』4Kニューマスター版、『トップガン マーヴェリック』の連続上映が決定するなど、奇跡の”胸熱“現象はさらに加速していきます。『トップガン マーヴェリック』のまだまだ目の離せない展開に期待にご注目ください!

【『トップガン マーヴェリック』興行成績】全国377館 543スクリーン ※興行通信社調べ
★土日2日間<9月3日~4日> 動員:67,960人 興収:121,277,010円(前週比:79.1%)
★101日間累計<5月27日(金)~9月4日(日)>動員:7,619,659人 興収:12,097,224,690円

公開から、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本公開された実写映画のNo.1記録を更新中で、まもなく120億円突破が迫る。日本国内の歴代26位、全米歴代6位、全世界歴代12位と、数々の記録を樹立し続ける本作ですが、ファンの熱望の声を受け、1作目『トップガン』4Kニューマスター版、『トップガン マーヴェリック』の“胸熱”必須の2作連続上映が決定!!
※2022年8月30日 興行通信社歴代ランキング、BOX OFFICE MOJO調べ

公開から12週間を経過してもなお、各メディアでも盛んに「追いトップガン」なる言葉が取り上げられるなど、”トップガン現象”の勢いはとどまることを知らない『トップガン マーヴェリック』ですが、公開当初からTwitterでは、「トップガンの続編終始涙出てたな…1作目を劇場と観てたらこれの比じゃないんだと思うと36年前にタイムスリップして劇場で観たい」、「トップガン マーヴェリック大迫力で面白かった!前作との繋がりがありぜひ二作を連続で上映して欲しい」、「同じスクリーンで続けて上映してくれるような、粋な映画館はないのかな?前作だって改めて大きなスクリーンで観たくなる」、などなど、上映開始当初から、1作目『トップガン』と『トップガン マーヴェリック』の、2作を一緒に劇場で観たいという鑑賞者の声が多く聞かれてきました。

この度、多くの熱望の声に応える形で、9/16(金)より全国の劇場にて、『トップガン』×『トップガン マーヴェリック』連続上映が決定、合わせて、日本では初解禁の限定ポスターが解禁となりました。『トップガン』は4Kニューマスター版での上映となります。(一部4K非対応劇場除く)1作目から連続して鑑賞すると、数々の伏線の回収や、マーヴェリックとルースター、そしてアイスマンとのドラマが、さらに胸熱で感動、そして涙腺崩壊になること間違いなし!おそらく、今回が最初で最後となる『トップガン』“胸熱”連続上映をぜひ劇場でご体験ください!!

※詳しい上映劇場ほか詳細は、後日『トップガン マーヴェリック』公式HPで発表となります。

公開から12週間、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作が公開81日目・8月15日までで【動員:6,996,246人 興収:11,051,948,670円】を記録しついに累計興行収入110億円を突破しました!!

興行通信社調べの日本歴代興収ランキングにおいて、一気に28位へジャンプアップ‼ 5月公開作品では歴代No.1となりました。http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/(※)すでに全米では歴代6位となり、インターナショナルでは歴代13位となっております。ここ日本では、トム・クルーズ主演映画としては、歴代1位の『ラストサムライ』(2003年)の137億円を目指し、まだまだミッションは続きます!(※興行通信社歴代ランキングページの更新は、毎週月曜日となるため、現在の数値は8/14(日)までの成績となっております。最新の『トップガン マーヴェリック』の興行収入110憶円突破は、次回の更新で反映される予定です。)

公開から12週間を経過してもなお、各メディアでも盛んに「追いトップガン」なる言葉が取り上げられるなど、”トップガン現象”の勢いはとどまることを知らず、お盆休みの週末は、100%を超える前週比で推移するという稀に見る維持力は健在のまま!ますます目の離せない展開に期待が集まっています!

【『トップガン マーヴェリック』興行成績】全国380館 632スクリーン※興行通信社調べ
★土日2日間<8月13日~14日> 動員:99,953人 興収:170,416,540円(前週比:119.9%)
★81日間累計<5月27日(金)~8月15日(月)>動員:6,996,246人 興収:11,051,948,670円

1 2 3 4 5 6 12