NEWS

公開されるやいなや、大絶賛&大熱狂が“マッハ10”レベルのスピードで湧き上がり、世界32の地域でトム・クルーズ史上No.1オープニングを飾っていた『トップガン マーヴェリック』。

ここ日本でも、メディアやSNSで話題を見ない日はない”トップガン現象”を巻き起こす大ヒットで、公開2週目の土日2日間<6月4日~5日>も【動員:471,261人 興収:757,410,130円】を記録!初週土日比:91.8%、IMAXに至っては108.4%という驚異の前週比成績をたたきだし、他の追随を許さぬ堂々の週末ランキングV2を獲得し、早くも累計興収28億円を突破しました!

初日3日間で興収11.5億円の大ヒットスタートを切っていた本作。レビューサイトでの稀に見る高スコアの連続や、鑑賞した観客、さらに有名俳優やクリエイター、人気芸人などの著名人からも次々に上がる絶賛&感動の声がネット上を埋め尽くす等、かつてないほどの超高評価にも後押しされ、平日の興行でも毎日約2億円を積み重ねる驚異的な興行を展開し、公開初週とまったく遜色のない、IMAXについて初週を上回る驚異の維持率を見せており、公開9日目には、2020年以降(コロナ以降)に公開された洋画の中で最速となる累計興収25億円突破!公開10日目で約29億円に到達しており、本日にも30億円越えを射程範囲に捉えています。

同時公開となったアメリカも、トム・クルーズの出演作の歴代No.1オープニングという映画史に残る華々しいジェットスタートの勢いは加速し続けており、週末8,599万ドル(約112億円)のぶっち切りのNo.1、累計興収は2憶9,160万ドル(約380億円)突破と、数々の記録樹立は間違いない状況。「生まれてから見た映画で一番面白かったと言っても過言ではないくらい良すぎたトップガン、、、余韻やばい、、」、「脳内でトップガンのアンセムがずっと再生される」、「観貯めしたい。これほど映画館で映画を楽しめる映画は今後しばらく出ないと思う。この映画館で映画を楽しむ幸せをひたすら心に貯めておきたい。」など心を震わせた”胸熱”の声はますます熱気を帯びて広がり続け、「TLの絶賛具合すごすぎん?続編でなにが…って思ってみたら最高すぎて今に至るから自分でもびっくりだよ」、「今まで観測した全ての映画の感想批評群の中で、一番、もっとも、最高に、100%絶賛されている作品かもしれない…」、「友達が絶賛してて、会社の上司も盛り上がってて、なんかコンビニの店員もトップガンの話してて観に行きたくなっちゃったから、急きょレイトショー行ったらめちゃ面白くて泣いて眠れないんだが???」と絶大な口コミ効果も相まって、2022年のビッグトピックとして【トム・クルーズ約4年ぶりの来日&『トップガン マーヴェリック』の”胸熱”大ヒット】が刻まれることは間違いなし!

しばらく映画館から離れていた方々も久々に足を延ばしていることを証明するように、デジタル化が進む映画館の予約チケットのお買い求め方法や、スカイ・アクションをはじめとしたリアルにこだわった映像の臨場感と迫力を体感できると話題のラージフォーマット(IMAX、4D、Screen Xなど)に関する問い合わせも増加しており、「IMAXでトップガン2回目の予約とった!2回目なのにこんな楽しみな事ないw」、「初めてのIMAXでした 2回目のトップガンもよかったす」、「トップガン二回目 絶対4D合う…!って思って二度目は4D 最高だった……!! 二度目だし泣かないやろって思ってたけど 理解度深まって一度目より泣いた…」と、より良い環境でのリピートを求める声も。日本映画界全体として史上最高の年間興収額(2019年)を記録していたコロナ禍前の賑わいをも取り戻し、“トップガン現象”が日本中の話題を席捲しています!!

今週6/10(金)からは、入場者特典として『トップガン マーヴェリック』胸熱ポスターと、宣伝パイロットのミッションとして大きな話題となったウマ娘応援イラストが表裏一体となったミラクルミッションカード(A6サイズ)をの配布も決定!(詳細はこちら引き続き本作にご注目ください!


【『トップガン マーヴェリック』 興行成績】
全国376館 741スクリーン  ※興行通信社調べ(前週比91.8%)
★2週目・土日2日間<6月4日(土)~5日(日)> 動員:471,261人 興収:757,410,130円
★10日間累計<5月27日(金)~6月5日(日)> 動員:1,883,940人 興収:2,889,707,640円


5月27日(金)より満を持して公開を迎えてから、早一週間…初日から4日間で動員100万人を突破し、昨日6月3日(金)の時点で興収は20億に到達!!破竹の勢いで日本列島をトップガンフィーバーが席巻中!全世界においても社会現象級のヒットとなっており、世界32の地域でトム・クルーズ史上NO.1のオープニング記録を打ち立てるなど、まだまだ勢いは留まることを知らない『トップガン マーヴェリック』。そんな本作の大ヒットを記念してこの度、ベスト・オブ・ザ・ベストの吹替キャスト陣が登壇する大ヒット御礼舞台挨拶を実施!


記念すべき舞台挨拶の会場となった、この日のTOHOシネマズ六本木はめでたく満員御礼の満席状態!場内が本編上映終了直後のまさに“胸熱”な空気感に包まれた状態の中、盛大な拍手を浴びながらマーヴェリック役・森川智之さん、ルースター役・宮野真守さん、ボブ役・武内駿輔さんが登場!まず初めに森川さんが「どうも、トム・クルーズです!皆様いかがだったでしょうか!?」と軽快に挨拶し、続けて宮野さんが「面白かったですか!?今日は皆さん、胸熱で、涙が込み上げているところかと思いますのでその熱い思いを共有できればと思います!」、そして武内さんは「皆さん!…どうしよう、流れに乗っかって何か言おうかと思ったんですけど…」と述べ、「ボブみたいに緊張している?」「ボブっぽいよ!(笑)」と森川さん、宮野さんから総ツッコミを受け、場内は一瞬にして賑やかな雰囲気となった。全国津々浦々の老若男女が鑑賞するほどの大ヒットとなっている本作。その要因について森川さんは「この映画は36年、トムが温めていた作品ですよ。その36年の思いが詰まっているから、皆さんが素晴らしいと思ってくれるのは当然なのかな、と。」と感慨深く述べ、宮野さんは「ここまでこだわりを持って作品作りをするのは中々できないこと。実際に撮影でGを体感して、体を酷使しながらもこだわっている作品だから伝わるものがあるし、“本物感”が半端ない!」と称賛。また、武内さんは「CGが発達している時代に、リアルな訓練を経た役者の演技は凄いですよね!」とそれぞれ分析し、加えて宮野さんはこの作品の吹替をできるということに本当に感謝しています!」と万感の思いを綴った。


また、豪華な布陣となった吹替キャスト陣の座長をつとめた森川さんは、宮野さん、武内さんほか若手声優陣たちを「心強かったです!」と絶賛、吹替版も“ベスト・オブ・ザ・ベスト”な仕上がりであると熱烈アピールした。
軽快なトークセッションで会場の熱気が更に高まる中、突如、趣向新たに【コールサイン大喜利】を行うことに。これは、劇中で若手トップガンの一人であるハングマン(演:グレン・パウエル/吹替:中村悠一さん)がボブのコールサイン「BOB」を「ベイビー・オン・ボード(赤ちゃんが乗っています)」と揶揄するシーンから着想したもので、大喜利としてこれを森川さん、宮野さん、武内さんで実施。3人の中で観客の反応が最も受けなかった方には、罰ゲームとして200回(!?)の腕立て伏せをするという、映画本編顔負けのハードなルールに思わず宮野さんが「ふざけんな!!」とリアクション。トップバッターとして武内さんが挑戦し、武内さんの下の名前、駿輔からとったコールサイン「SUK」を「S=すごく、U=うんとすごく、K=共演者たちでした!」と珍回答!会場の笑いを誘う中、続けて宮野さんは真守にちなんで「MAM」というコールサインから「M=マジで、A=アレ、M=めっちゃイイ!、D=どれ!?」と武内さんに続いて珍回答し、登壇者他、場内からはツッコミの嵐に。トリとなった森川さんは智之から「TOS」というコールサインで、「T=トム、O=俺、S=好き!」と回答し、宮野さんからズルいとツッコまれつつも、綺麗に締めくくった。最終的に罰ゲームの腕立てをすることになったのは武内さんだったが…200回もの腕立ては不可能とのことで、ボブの決めセリフを言い、なんとか200回の腕立てを回避!



大喜利で大いに盛り上がった後、ここでなんと森川“マーヴェリック”大佐より、来る6月8日(水)は宮野さんの誕生日であることが明かされ、サプライズとして誕生日ケーキが贈られることに!森川さん、武内さん、そして観客の拍手の中現れたのは、宮野さん演じるルースターのヘルメットをモチーフとしたバースデーケーキ。この胸熱なプレゼントに思わず宮野さんは「全部食べていいの!?あまり最近こういうのに慣れてなかったのでびっくりしました!39歳、これから声優界のマッハ10を目指します…!」と感動の声をあげ、会場も祝福ムードに包まれた。これに対して、森川さんは「声優界を引っ張っていってください!」と宮野さんへ祝いの言葉を贈った。イベントの締めくくりには、最後の挨拶として、まず武内さんが「この映画には皆さんが求めていたトム・クルーズがふんだんに詰め込まれていますので是非、一回に限らず何度でも楽しんでいただけら幸いです!」と述べ、宮野さんが「自分の夢とか目的とか、普段の生活で抱えているものがたくさんあると思うんですけど、それを突破していく勇気や絆といった熱い思いをこの作品はくれると思います。色んな方に刺さる作品だと思いますので、とにかくたくさんの方に面白いと思って頂けたらと思います。」と語り、最後に森川さんが、先日の来日イベントでトム・クルーズとジェリー・ブラッカイマーが登壇した際の出来事を引き合いに出しつつ、「トムは、本当に日本に対する想いが熱くて、その思いがギュッと込められている来日だったなと思います。別れ際にも、また来年!という話をしたんですが、この映画はトム・クルーズが36年間温めてきて、全てのキャリアも含めて、本当に濃縮された最高の映画だと思いますので、IMAXやMX4Dなど色んなフォーマットで何回も楽しんでいただければと思います。本物を追求しているトムならではの映画だと思いますので是非これからも楽しんでいただきたいです!」と熱くアピールし、胸熱極まる大ヒット記念吹替キャスト舞台挨拶は多くの観客の熱のこもった拍手に見送られながら幕を閉じた。

大ヒット記念!来場御礼入場者特典として、『トップガン マーヴェリック』の胸熱ポスターデザインと、大反響のウマ娘応援イラストが表裏一枚になった、ミラクルミッションカード配布が決定いたしました。

ミラクルミッションカード誕生の軌跡
1986年『トップガン』公開、そして空前絶後の大ヒット。
1995年映画『トップガン』から名付けられた競走馬マヤノトップガンが大活躍。
2021年「ウマ娘 プリティダービー」大ヒット!キャラクター、マヤノトップガンも大人気!
そして、2022年、36年の時を越えたミラクルミッションが実現です!
このミラクルミッションを記念し、ミラクルミッションカードが誕生!
劇場でしかもらえない、奇跡のカードを是非!

全国合計30万名様に配布いたします。

配布日時:6/10(金)~なくなり次第終了
配布物:ミラクルミッションカード(A6サイズ)
配布枚数:全国合計30万枚

※すべての上映形態(通常版、IMAXMX4D4DXScreenX4DXScreen、ドルビーシネマ含む)の入場者特典です。
※配布劇場、及びスケジュールは変更になる可能性があります。
※プレゼントは劇場により数に限りがありますので、あらかじめご了承ください
※お一人様、1回のご鑑賞につき1枚のお渡しになります。
※プレゼントは非売品になります。転売はご遠慮ください。

 

本作の大ヒットを記念し、メイプル超合金(安藤なつさん、カズレーザーさん)のお二人がMX4D上映を体験!極上の映像体験を後押しするプレミアムラージフォーマットの魅力を大いに語って頂きました!!


先日、主演のトム・クルーズ、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが待望の来日を果たし、熱狂収まらぬ中、5月27日(金)に満を持して封切られた『トップガン マーヴェリック』。公開されるやいなや、世界32か国でトム・クルーズ史上№1の大ヒットを記録し、日本国内でも週末興収首位を独走、興行収入はスタートから三日間で11億円を突破!この度、そんなロケットスタートで快進撃を続ける、本作のMX4D体感イベントを実施した。IMAXやSCREEN Xなど、劇場での映画体験に更なる迫力と興奮をもたらすプレミアムラージフォーマット上映。その一つであり、座席の振動や風・香りなどの特殊効果を付与したMX4Dにフォーカスをあてた本イベントでは、メイプル超合金のお二人、芸能界きっての航空知識を誇るカズレーザーさんと、カズの親愛なる相方安藤なつさんが登場。一言挨拶もそこそこに、まず初めに本作を鑑賞しての感想を求められ、「色々と感慨深いものがありましたね。冒頭で超音速試験機のシーンがあったあと、マーヴェリックが上官から、「もうパイロットはいらない存在なんだ」、と言われるんですが、実際に今の技術の発展で言えば、この『トップガン マーヴェリック』という作品は戦闘機を題材にした映画の“終着点”なんじゃないかと思うくらい色々なものが詰まっていました!本当に面白かったです!」とカズレーザーさんが熱く語り、続けて安藤さんは「本当に…クルーズかっけえ!という感じでした。バイクで走り抜ける姿、全体のスピード感がたまらない!年齢を重ねた渋さが魅力的でしたね」と胸熱極まる様子を見せていた。



前代未聞のスカイ・アクションの魅力を最大限まで引き出すMX4Dの魅力を大いに語ってもらうために今回のベスト・オブ・ザ・ベストアンバサダーとして登場したお二人には、本イベントの前に事前にMX4Dを体験してもらっており、トークセッション後、その体験映像が流されることに。映像では、激しく揺れ、大きく傾く座席に声を上げつつ驚く二人の姿が収められ、通常の上映では味わえないような更なる迫力を身をもって体感していたことを窺わせる内容に。映像をみてカズレーザーさんが「ロケバスもこの座席くらい傾いてたら良いのに!それにしても映像でみるとすごい揺れていますね…!でも体感だともっと揺れてるかと思ってました。」と振り返る。


実際にコックピットにいるかのような体験をできると評判のMX4Dに「正直もう…テーマパーク行く必要ないですね。ジェットコースターに乗る必要ないです…!」とカズレーザーさんが満足げに語り、「臨場感・スピード感が本当にすごかった!」と安藤さんも述べ、かつてない映像体験に大満足の様子をうかがわせた。続けてカズレーザーさんは「あと、シートが大きいのが良いですよね。これが普通の座席だったら、なつさんが隣にいたらぎゅうぎゅうですから。最初、大丈夫かな?と思いました(笑)」とジョークを飛ばし、安藤さんも私もそれは心配しましたが、大丈夫みたいでしたね(笑)」とアメリカンサイズなシートのゆったりな座り心地に太鼓判!加えてカズレーザーさんは「自分が操縦している戦闘機と相手が操縦している戦闘機、双方の視点が動いている映像シーンが多く、立体的な動きをするから、このMX4Dと相性ピッタリなんでしょうね。あと印象に残ったのはビーチでフットボールをするシーン。実際に風が吹く演出があって、そこで風使うんだ、と思いましたね(笑)。」と熱く語る。また、よくバイクに乗るという安藤さんは「普段、バイクに乗られない方でも、バイクに乗った時の風の感じ方を感じられると思います」とアピールした。

過去に番組でF4ファントムに乗り、G体験をしたことがあるカズレーザーさんは本作でのG体験の表現ついて、「映画では8~9Gくらいだったと思うんですけど、番組では地上近くを飛行したので、多分1Gとかそれくらいだったんじゃないかと。正直比較にならないですね…!」とGの凄まじさを痛感している様子。続けて「コクピットも実際、めちゃくちゃ狭い!体型小さい人じゃないとパイロットになれないから、小柄な人が有利なんですよね。」と航空知識を披露した。また、本作はコンビの大切さにも気付かされる部分があるということで、長年コンビを組んでいる安藤さんが相方カズレーザーさんをどう思うか聞かれた場面では、「本当に頼もしいですよ。先頭に立って、全部やってくれますから。自分は一生懸命それについていければと思ってます」とフォロー。対してカズレーザーさんは、安藤さんの魅力について聞かれると「やっぱりもう…食が細いところですよね。」と、会場の笑いを誘い、コンビ愛をうかがわせた。

マーヴェリックの胸熱ポイントについて聞かれる場面では、カズレーザーさんは「全然出世していないというのが良いですよね。本当に、ただパイロットやりたいんだなって。誇りを感じてかっこいいなと。トム自身もそれくらいこの映画に自分を投影しているというか、とにかく撮りたかったんだなというのが、マーヴェリックというキャラクターから感じますね。」と述べ、安藤さんは「セクシーですよね。セクシーで引き寄せられる。あとはコミカルな部分のみならず、喜怒哀楽の感情が全部でてくる映画だなと。そこが素敵でしたね。」と語った。

最後の締めくくりには、五感に訴えかけるこのMX4D上映に関して、楽しみ方・映画の見どころを聞かれ、まず安藤さんが初めてMX4Dを体験しましたが、本当に戦闘機に乗っているかのようなスピード感に、笑いも詰まっていて、良い映画だでした!是非皆さんにも観ていただきたいです!」とアピールし、続けてカズレーザーさんは「前作を観ていても、観ていなくても無条件で楽しめる作品!王道から逃げていないハリウッド映画なので、是非楽しんでいただきたいですね!」と胸熱極まる様子で述べ、本イベントは終了!

TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、『トップガン マーヴェリック』の日本語吹替版声の出演者による公開舞台挨拶が決定いたしました。

森川智之さん、宮野真守さん(予定)をゲストに迎え、舞台挨拶を実施いたします。

【実施日】
6月4日(土)

【実施時間】
12:20~の回(日本語吹替版での上映となります/上映終了後に舞台挨拶)

【ゲスト】
森川智之、宮野真守(予定)
※登壇者の予定は変更になることもございますので、予めご了承ください。

【チケット販売方法】
<PC・スマートフォン>6月2日(木)0:00~(6月1日(水)24:00~)
<劇場窓口>6月2日(木)劇場オープン時~
※シネマイレージ会員の早期購入(上映3日前、21時からの購入)対象です。

【購入方法】
オンライン(PC・スマートフォン)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 上映スケジュールより(こちら

劇場窓口
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ窓口にてお買い求めください。

その他詳細はこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12