NEWS

ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作。さらには、2022年公開作品でNo.1の興行収入となりました。昨日7月19日(火)までの、累計動員は590万人、累計興収は92.6億円を突破!

老若男女問わずやむことのない大絶賛の嵐と、毎夜チケット争奪戦が繰り広げられている相性抜群すぎるラージフォーマット(IMAX、ドルビーシネマ、4D、ScreenXなど)の魅力など強力な追い風を味方に、観客層が日に日に拡がり、2020年以降(コロナ禍以降)に日本で公開された実写映画のNo.1をグングン進み続けている本作。また、TV情報番組でも連日特集が行われ、7月14日(木)には、日本テレビ「news zero」でその社会現象が「トップガン現象」として大きく取り上げられました。またリピーターの続出で複数回鑑賞する「追いトップガン」といわれる言葉まで生まれるなど、引き続き大ヒットを記録し続ける本作は、累計興収は早くも92.6億円を突破。ついに2022年日本公開作品の興行収入No.1となりました。
先週末の大型作品公開ラッシュで、一度は一部劇場で上映が無くなっていたIMAX、4Dなどのラージフォーマットでの上映が、様々な記録的快挙の追い風を受け、昨日から各地劇場で復活し、さらには今週7月22日(金)からは、ルースター、ハングマン、ファンボーイ、ペイバックのヘルメットがポップに描かれた “ミラクルミッションステッカー”第二弾の入場者プレゼントが始まり、今週末も「追いトップガン」現象は拡大見込み!『ボヘミアン・ラプソディ』、『アラジン』以来の実写洋画100億円突破に向け、さらに拡がり続ける「トップガン」現象に引き続きご注目ください!

【『トップガン マーヴェリック』興行成績】全国381館 717スクリーン ※興行通信社調べ
★累計<5月27日(金)~7月19日(火)>動員:5,906,852人 興収:9,263,422,240円

ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作。公開8週目の土日2日間<7月16日~17日>で【動員:193,270人 興収:303,020,350円】を積み上げ、累計動員は580万人を、累計興収は92億円を突破!

老若男女問わずやむことのない大絶賛の嵐と、毎夜チケット争奪戦が繰り広げられている相性抜群すぎるラージフォーマット(IMAX、ドルビーシネマ、4D、ScreenXなど)の魅力など強力な追い風を味方に、観客層が日に日に拡がり、2020年以降(コロナ禍以降)に日本で公開された実写映画のNo.1をグングン進み続けている本作。また、TV情報番組でも連日特集が行われ、7月14日(木)には、日本テレビ「news zero」でその社会現象が「トップガン現象」として大きく取り上げられました。またリピーターの続出で複数回鑑賞する「追いトップガン」といわれる言葉まで生まれるなど、連休中も引き続き大ヒットを記録し、累計興収は早くも92億円を突破。記録的大ヒットが続く全米では、『タイタニック』の初公開時の記録を抜き、パラマウント作品歴代No.1に。全米興行収入の歴代ランキングでも現在11位と、今週中の歴代TOP10入りが確実になっています。様々な記録的快挙の追い風を受け、さらには今週7月22日(金)からは、ルースター、ハングマン、ファンボーイ、ペイバックのヘルメットがポップに描かれた “ミラクルミッションステッカー”第二弾の入場者プレゼントが始まり、今週末も「追いトップガン」現象は拡大見込み!『ボヘミアン・ラプソディ』、『アラジン』以来の実写洋画100億円突破も視野に入る情勢となっています。さらに拡がり続ける「トップガン」現象に引き続きご注目ください!

【『トップガン マーヴェリック』興行成績】全国381館 694スクリーン ※興行通信社調べ
★土日2日間<7月16日~17日>動員:193,270人 興収:303,020,350円(前週比:84%)
★46日間累計<5月27日(金)~7月18日(月・祝)>動員:5,871,432人 興収:9,206,788,480円

公開を1か月を過ぎ、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作。

公開7週目の土日2日間<7月9日~10日>で【動員:217,158人 興収:360,717,720円】を積み上げ、週末ランキングNo.2を獲得!累計動員は500万人を、累計興収は84億円を突破!

老若男女問わずやむことのない大絶賛の嵐と、毎夜チケット争奪戦が繰り広げられている相性抜群すぎるラージフォーマット(IMAX、ドルビーシネマ、4D、ScreenXなど)の魅力など強力な追い風を味方に、2020年以降(コロナ禍以降)に日本で公開された実写映画のNo.1をグングン進み続けている本作。また、TV情報番組で「トップガン現象」として取り上げられ、さらに観客層に拡がり、またリピーターの続出で複数回鑑賞する「追いトップガン」といわれる言葉まで生まれ、話題となり累計興収は早くも84億円を突破した。

【『トップガン マーヴェリック』興行成績】
全国380館 787スクリーン ※興行通信社調べ
★土日2日間<7月9日~10日>動員:217,158人 興収:360,717,720円(前週比:92.3%)
★38日間累計<5月27日(金)~7月10日(日)>動員:5,358,728人 興収:8,403,764,820円

梅雨を超えてなお記録的ハイペースで飛行を続け、2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作。この大ヒットを記念して新たな入場者プレゼント2種の配布が決定!!世界中でミーム化され大拡散されている名セリフと個性際立つ人気パイロットたちのコールサインがあしらわれた”ミラクルミッションステッカー”!

歴史に残るアツい梅雨明けに相応しく、なお”胸熱”具合がヒートアップし累計興収76億円を突破!夏興行の到来をむかえ話題作・注目作が続々と公開される中でも驚異的な興収のキープを見せつけ、公開6週目にして5度目の週末興行ランキングNo.1を勝ち取るなど、大絶賛&圧倒的支持とともに勢いを増し続けている『トップガン マーヴェリック』の新たな入場者プレゼントミラクルミッションステッカー”の配布が決定した!

7月8日(金)~配布開始の第一弾は”チーム・マーヴェリック”verとして、マーヴェリック、コヨーテ、フェニックス、ボブ、そして7月22日(金)~配布開始の第二弾は”チーム・ルースター”verとして、ルースター、ハングマン、ファンボーイ、ペイバックのヘルメットがポップに描かれ、さらには劇中でもキーになる非常に印象的なセリフ「BUT NOT TODAY.(でもそれは今日じゃない)」「DON‘T THINK, JUST DO.(考えるな、行動しろ!)」もそれぞれセットになっており、脳裏に焼きついて離れない数々のシーンを何度も思い出して胸を熱くすることまちがいなしの仕上がり。数量限定、期間中にしか手に入らないレアアイテムをお見逃しなく!

そして、マーヴェリックの発案で、空に命をかけるエースパイロットたちが絆を深めさせるために催した”トップガン版・ビーチフット”シーンのメイキング映像を収録した新特別映像が到着!

36年前の前作の語り草となっている”ビーチバレー”シーンを彷彿とさせ、トップガンの伝統として脈々と受け継がれてきていることも窺えるこのシーンは予告編解禁時から話題を呼んでいたOneRepublicの陽気な楽曲「I Ain’t Worried」に乗せ、マーヴェリックとともに絶対不可能なミッションを成し遂げるために集められた、誰もがエース級の腕前を持つ猛者たちとあってアクも個性も強いメンバーが一気に一致団結するという、ちょっとフザける瞬間かと思いきや意外にも重要シーンで、入場者プレゼントにも登場した新トップガンチームたちの全力投球っぷりに見ている側もニヤニヤが止まらなくなる場面だ。肉体美を競うようにパンプアップして臨んだり、何も考えずにひたすらにハイテンションで挑める撮影を楽しんでいるキャスト陣の様子も映し出され、この名シーンを何度でもスクリーンで味わいたくなる1本となっている。

【『トップガン マーヴェリック』 入場者プレゼント概要】
□第1弾 ミラクルミッションステッカー「チーム・マーヴェリック」7/8(金)~※無くなり次第終了
□第2弾 ミラクルミッションステッカー「チーム・ルースター」7/22(金)~※無くなり次第終了
□サイズ  W112mm×H107mm
□全国合計各30万名様ずつに配布いたします。
※全ての上映形態(通常版・IMAX・MX4D・4DX・ScreenX・4DXScreen・ドルビーシネマ含む)の入場者特典です。
※配布劇場、及びスケジュールは変更になる可能性があります。
※プレゼントは劇場により数に限りがありますので、あらかじめご了承ください。
※おひとり様、1回のご鑑賞につき1枚のお渡しになります。
※プレゼントは非売品になります。転売はご遠慮ください。

公開を1か月を過ぎ、ここまでコロナ禍以降の記録をことごとく塗り替えるハイペース飛行を続け2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1を邁進中の本作。公開6週目の土日2日間<7月2日~3日>で【動員:235,667人 興収:391,042,320円】を積み上げ、5度目の週末ランキングNo.1を獲得!累計興収は76億円を突破!


ハリウッド大作や、有名アニメシリーズなど、強豪作品の公開が相次いだ大激戦の週末を再びNo.1で駆け抜けた本作!7月も驚異的な勢いを維持!

老若男女問わずやむことのない大絶賛の嵐と、毎夜チケット争奪戦が繰り広げられている相性抜群すぎるラージフォーマット(IMAX、ドルビーシネマ、4D、ScreenXなど)の魅力など強力な追い風を味方に、エンジンフル回転の興行で2020年以降(コロナ禍以降)に日本で公開された実写映画のNo.1をグングン進み続けている本作。ハリウッド大作や、有名アニメシリーズなど強力な作品の公開が相次いだ公開6週目の週末ランキングでも、驚異的な興収のキープを見せつけ週末興収ランキングをNo.1で駆け抜けた。累計興収は早くも76億円を突破した。

全米の興行収入でも驚異的なホールドを維持し続け!全米興収は約5億6,402万ドルを突破し、オールタイムランキングで12位へアップ、パラマウント・ピクチャーズの歴代記録『タイタニック』の6億5,936万ドル越えも視野に入れる快進撃を見せている(7/4時点・Box Office Mojo速報値)。

【『トップガン マーヴェリック』興行成績】全国379館 798スクリーン ※興行通信社調べ
★土日2日間<7月2日~3日> 動員:235,667人 興収:391,042,320円(前週比:77.4%)
★31日間累計<5月27日(金)~7月3日(日)> 動員:4,876,249人 興収:7,634,355,790円

1 2 3 4 5 6 7 8 13